神楽坂きものスタイル

ー 「きもの」を母から娘世代へ

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-4-1神楽坂山本ビル4F
03-3235-3357 11:00〜18:00
TOPコラムおまいり日和
おまいり日和
おまいり日和 2016年12月01日

12月 おまいり日和

年の終わりと始まりには近所のお宮さまへ。

冬至から節分には
早稲田・穴八幡宮などへ。

年の瀬を迎える季節になりました。
無事に1年を終えて新しい1年を迎えられるように
くれぐれも気をつけて1日1日を
せいいっぱい過ごすときです。

この月のおまいりは、
一度は必ず、お近くの神社へ、が基本です。
お住まいの近く、職場の近く、足しげく通った場所の近く、
そこにあるお宮さまに1年の報告とお礼にまいります。

そうして、新年1月には初詣でにも。
足もとのお宮さまに通うと
運気が開くといわれます。

そして、冬至を迎えたら、節分までに
それぞれ心にあるお宮さまにおまいりください。

東京にお住まいの方に
おすすめしたいのは、
早稲田の穴八幡宮です。
ご存知、「一陽来復」おまもりを
いただいてください。

冬至の日。
1年でもっとも昼の時間が短くなって
陰が極まる日。
翌日から陽へと向かい、
節分となって、暦は一節気・立春になります。

さて、来年の運気は?
おまいりすべき方角、神社を
次回にご案内したいと思います。

<写真キャプション>
東京早稲田の穴八幡宮で求めた「一陽来復」のお守り。
指定された方角にまつります。